Author Archives: MFG関西

1 / 7123...最後 »

MFG関西 へら鮒釣り部門 第3回寒べら釣り大会結果

By | 2020年5月18日

ka_20200224_01
2020年2月24日(祝)に釣堀センター菊水(和歌山県紀の川市)においてMFG関西へら鮒釣り部門第3回寒べら釣り大会が行われました。

釣堀センター菊水は、和歌山県紀の川市にあり、大阪方面、奈良方面からもアクセスし易い立地条件で谷間を堰き止めて作られた池を利用したへら鮒釣り管理池です。また、山々が育んだ酸素たっぷりの湧き水が池に注がれており水位も安定し平均水深4ⅿと深く尺半オーバーの超大型の美へらが釣れる魅力ある釣り場です。

ka_20200224_02
今回は参加者71名と盛会での開催となり重量部門と長寸部門で競技が行われました。道路側桟橋に重量部門41名、山側桟橋に長寸部門35名が参加されました。受付終了後にMFG関西へら部門麻野部長の挨拶、マルキユー株式会社大阪支店長薮内様にご挨拶を頂いた後競技説明が行われました。

ka_20200224_03
くじ引きによって釣座が決まり各自抽選で決定した釣座に入釣されました。大助沖目狙いの長竿から桟橋下狙いの短尺までバリエーションに富んだ釣り方で競技が開始されました。

当日はお天気にも恵まれましたが、釣果の方はスタートから厳しい状況となりました。それでもぼちぼちと竿が立ち始め40㎝を超えるへらが検寸されるたびに歓声が沸き上がり桟橋も活気付いてきました。大型は、沖目狙いの長竿両グルテンや段底で出ていました。重量部門では15尺前後のセットの宙釣りが良く釣れており釣況を読みエサを合わせた方がしっかりと釣果を重ねていました。

ランチタイムは重量部門と長寸部門で別々に時間をずらして取りました。その間に釣り方を変更する人、餌を再調整する人等午後からの競技再開に向けて皆さん準備に余念がありません。

午後の競技が再開されしばらくして一際大きな歓声が沸き上がり若松さんがかなりの大型を釣り上げました。検寸の結果それまで1位だった45.2㎝を1㎜上回る45.3㎝で大逆転の展開となり大いに盛り上がりました。

残り時間が少なくなっても両部門の選手の皆さんは最後まで諦めることなく競技に集中され午後3時に競技終了となりました。重量の部門の検量を終え第2駐車場にて表彰式が行われました。

ka_20200224_04
各部門の成績発表ではメーカー各社の寄贈品及びマルキユー株式会社さんからは多数の豪華な賞品を頂きました。また、表彰式後に恒例のお楽しみ抽選が行われました。その中でもマルキユー株式会社様から恒例のプライムエリアヘラバックのセットは今回ジャンケン大会で決定することになり大いに盛り上がり当選者が決まると全員が大賑わいとなりました。

ka_20200224_05
【大会成績】(敬称略)

重量部門

 優勝  葛西 弘一  14.83kg
 2位  北川 忠  12.29kg
 3位  市村 幸治  10.58kg
 4位  前山 智孝  10.42kg
 5位  井上 琢磨  8.57kg

長寸部門

 優勝  若松 正司  45.3cm
 2位  内田 真一  45.2cm
 3位  袋瀬 健二  44.0cm
 4位  坊 秀男  43.5cm
 5位  山名 宏治  43.5cm

ka_20200224_06
【重量部門優勝者 葛西 弘一さんの仕掛けと使用エサ】
(仕掛け)
9尺チョーチン
竿:9尺、ハリ:上リフト8号 / 下リグル2号、ハリス:上8cm / 下70cm
(使用エサ)
「粒戦」100cc、「粒戦細粒」50cc、「とろスイミー」50cc、「セットガン」200cc、「BBフラッシュ」100cc、水300cc、「セット専用バラケ」200cc、「セットガン」200cc、くわせ「力玉」

最後にマルキユー株式会社様、松岡釣具株式会社様には大変お世話になりました。また、ご参加頂きました皆様、お手伝い頂いたスタッフの皆様に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

報告者:野口 実

第7回 MAC杯へら鮒釣り大会

By | 2020年1月7日

ka_20191104_01
第7回MAC杯釣り大会が晩秋秋晴れの中、2019年11月4日(文化の日振替休日)に兵庫県川辺郡猪名川町にある「天神釣り池」で開催されました。天神釣り池は、阪神高速(池田木部)、新名神(箕面とどろみ)から近くアクセスの良い管理釣り場である。また、閑静な住宅地の中にあり周囲が雑木林に囲まれていてロケーションにも恵まれており人気の高いヘラ鮒釣り管理池である。

今回も重量部門と長寸部門が設けられ、重量部門16名、長寸部門27名合計43名が参加され、麻野部長の挨拶、続いてマルキユー株式会社大阪支店長様のご挨拶の後競技説明が行われました。

ka_20191104_02
釣座は抽選により入場の順を決め、重量の部はE桟橋とF桟橋、長寸の部ではI桟橋表裏に各自好きな場所を選択し入釣しました。

ka_20191104_03
ka_20191104_04
ka_20191104_05
ka_20191104_06
重量部門
チョーチン固形セットを選択した方が8割、浅ダナ固形セットを選択した方が2割でした。当日は北風が強く給水塔に向かって常に風が吹いており寒い一日でした。そのためなのかアタリが出るまでに時間がかかり、ハリスやエサの調整の連続で皆さん苦労している様子でした。座席の選択で釣果が分かれた感があり、風を背に座席を選択された方が上位を占めていました。そんな厳しい釣況の中、短竿浅ダナセットでテンポ良く釣った葛西さんが見事優勝されました。

【大会成績】(敬称略)

 優勝  葛西 涼  15.66g
 第2位  山本敏之  8.29g
 第3位  鈴木千秋  7.79g
 第4位  岩本龍貴  6.39g
 第5位  奥川 功  5.65g

長寸部門
浅い棚セット釣りを選択板方が7割、竿いっぱいの床釣りを選択板方が3割でした。釣り方に限らずポツポツ釣れてくるものの肝心の大助がなかなか釣れません。午前の部終了前に、チョーチン床で袋瀬さんが39㎝を釣り上げました。午後に入ってチョーチン床に切り替える方が目立った中、袋瀬さんがさらに長寸を40㎝に伸ばし勝負あったと誰もが思いましたが15時終了前に小泉さんが41㎝を見事釣りあげるというドラマがあり大きな歓声が沸き上がりました。

【大会成績】(敬称略)

 優勝  小泉伸行  41.0cm
 第2位  袋瀬健二  40.0cm
 第3位  阪口泰彦  38.8cm
 第4位  乾 裕弘  37.6cm
 第5位  小林利規  35.7cm

各部門の成績発表ではメーカー各社の寄贈品及びマルキュー株式会社さんからはプライムエリアヘラバックのセットを含めた豪華な賞品を頂きました。

ka_20191104_07
ka_20191104_08
ka_20191104_09
■重量部門および長寸部門 上位3名
ka_20191104_10
また、恒例のお楽しみ抽選会も大いに盛り上がり今回も無事に大会終了となりました。

今回もマルキユー株式会社様には大変お世話になりました。また、ご参加頂きました皆様、お手伝い頂いたスタッフの皆様に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

第12回 九州MAC杯 ヘら鮒釣り大会結果

By | 2019年11月25日

ka_20191110_01
11月10日(日)、第12回九州MAC杯ヘら鮒釣り大会が熊本県氷川町の不知火干拓貯水で開催されました。

大会当日は38名(会員30名、一般8 名)が参加。競技時間は7時~14時の7時間、総重量制、池全部がエリア(国道側を除く)となり、より多くのへら鮒を釣り上げた選手が優勝となります。

11月になり朝晩の冷え込みによる気温の変化が大きくなり、へら鮒の活性にどのような影響がでるのか予想が難しい時期となりました。

前日釣りをされた方の情報だと、かなり厳しい状況になるのではという事でした。

ka_20191110_02
大会では38名が並ぶため、釣果の方はあまり期待できないと思っていましたが、優勝された大間さんは
驚異の57枚、33キロオーバーの釣果を叩き出し、九州MAC杯の優勝を飾られました。

【大会結果】(敬称略)

 1位  大間 竜二  33,945g  福岡県久留米市  (非会員)
 2位  直野 芳幸  14,185g  熊本県熊本市  (会員)
 3位  奥村 誠市  12,740g  熊本県玉名市  (会員)

■上位3名
ka_20191110_03
■1位の大間選手の仕掛け、エサ、コメント
(仕掛け)
竿:15尺、道糸:1.0号、ハリス:0.6号(上30cm・下40cm)、針:上7号・下7号、浮き:全長29.5cm(ボディ:6cm、足8.5㎝、トップ:15cm PCムク)
(エサ)
「マッシュポテト」4+「巨べら」2+水 6
 → かために仕上げる。調整は手水。かたいエサをなじませて釣った。
ka_20191110_04
(コメント)
打ち初めはスローペースでしか釣れなかったが、11:00~13:00の間で急に浮きが動き出した。空振りが出だしたのでハリスを10cmずつ詰めて対応した。エサの調整は手水のみで基エサを差し込んでかためのエサをしっかりなじませて釣った。棚は終日1メートルで通した。

■「MAC」とは?
MFG(マルキユー・ファン・グループ)内のへら鮒釣り部門(MAC)です。『九州MAC杯』はイベント名で、九州MACという組織はありません。
※「MAC」の意味は『マルキユー愛好会』です。M(マルキユー) A(愛好) C(club)

MFG関西本部主催 合同懇親波止チヌフカセ&ウキダンゴ釣り大会結果

By | 2019年11月18日

ka_20191109_01
昨年に引き続き、今年も「MFG関西本部主催懇親波止チヌフカセ&ダンゴ釣り大会」が11月9日(土)、大阪・北港一帯の波止を使用してMFG会員ならびに一般参加者総勢94名(フカセ釣り55名・ダンゴ釣り39名)が集結し盛大に取り行われた。

本大会は昨年から磯釣り部と紀州釣り部が合同で大会を開催。釣り方は違っても共通するチヌ釣りの釣技についてお互いに自己研鑽を行い、別部として垣根を越えた会員同志の交流を図る目的で実施に至った。

今年度もその趣旨を踏まえMFG関西に新たに創設された波止釣り部が大会運営を担当。事前準備から本番当日まで紀州釣り部との連携を取りながら万全の体制を整えた。

また、波止釣り部ではフカセ釣りにおいて今大会から「死魚を出さない!」(持って帰って食べる場合は別)をスローガンに従来の検量方法(港に持ち帰ってから検量)を見直し、新検量方式(釣り場で短時間のうちに検量)を採用。ストリンガーの使用は禁止としスカリ、ライブウェルなどの使用を推奨することで、キープしたチヌを元気な状態で保存し数回に分けて釣り場で検量。そして、検量が終わると直ちにリリースして絶対に死魚を出さない取り組みを強化した。

ka_20191109_02
その結果、今大会でのフカセ釣りによる死魚は1匹も出すことなく競技を終えたことから、今後も「死魚撲滅!」の取り組みの一環として引き続き「新検量方式」を採用していくことで意識統一が図られた。

さて、前置きが少し長くなってしまったが、競技の方は早朝から放射冷却の影響で気温が7℃近くまで下がってかなり肌寒く、防寒着を着ている参加者も見受けられるほどであった。それでも、陽が昇るとグングンと気温も上昇、秋晴れの爽やかな青空の下、「関電」「サンバシ」「中の灯台」の3ヶ所に抽選で選手が分かれて、釣り上げたチヌ2匹の重量による上位5位までの無作為ペアマッチ方式で順位が競われた。

釣況は渡堤時の寒さから想定するとチヌの食い渋りがかなり心配されたが、3ヶ所とも競技スタート時から順調にチヌのアタリが見受けられホッとひと安心。潮止まりの時間帯にはアタリが遠のいた場面もあったが、込み潮に入ると再びあちらこちらでチヌの荒っぽい引きが強烈に竿を絞り込んだ。

個人成績で見ても好釣果はうなづける。フカセ釣りの部で個人優勝した鳥井義弘さんが2匹の総重量4055gと、この時期としては超大型のチヌを仕留めて、見事、12月15日に開催される湾チヌカップ決勝大会への出場権を獲得。さらにダンゴ釣りの部では森田ファビオミツオさんが5匹の総重量9kg超えを達成するなど、スタート時の心配などどこ吹く風。終わって見ればフカセの部では参加者55名中40名の方が検量にチヌを持ち込み、ダンゴの部でも39名中16名の方がチヌの釣果を上げて、昨年のリベンジを図った。

■個人優勝(湾チヌカップ決勝進出者)鳥井義弘さん
ka_20191109_03
■MFG CUP K-1 セミファイナル進出者の皆さん
ka_20191109_04
表彰式では入賞を惜しくも外した参加者全員にもれなく当たる抽選会なども行われ、大会は大盛況のうちに終了。事故等もなく「次年度も是非、実施してほしい」との声が多く聞かれる中、全員が無事に帰宅の途についた。

ka_20191109_05
ペアマッチ上位入賞者は次の通り(単位:g)(敬称略)

 1位ペア  御輿 賢二
 佐々木博司
 3,590
 3,220
 合計 6,810
 2位ペア  高橋 明秀
 岡田 大吾
 3,455
 2,845
 合計 6,300
 3位ペア  小山 秀樹
 小野 貴文
 3,435
 2,860
 合計 6,295
 4位ペア  宮地 健一
 内藤 俊佑
 3,155
 2,945
 合計 6,100
 5位ペア  森田ファビオミツオ
 首藤勝士郎
 3,975
 2,115
 合計 6,090
 個人優勝  鳥井 義弘  4,055  (2匹重量)

報告者:波止釣り支部 副支部長 兵頭 良弘

第41回 MFG筏かかり釣り部懇親釣り大会

By | 2019年10月31日

ka_20191020_01
10月20日(日)、三重県南伊勢町古和浦(誠久丸、鴻照丸)にて、「第41回MFG筏かかり釣り部懇親釣り大会」が開催されました。参加者は、運営スタッフを含め73名、2尾長寸を競いました。

度重なる豪雨で心配された天候も当日は少し風が吹く程度、開会式を終え、参加者の皆さんは、大チヌを期待し各ポイントに向かい競技スタートです。

■MFG関西 生駒会長
ka_20191020_02
午前中に早くも、年無しが釣れているようでしたが、昼の見回りでは、エサ取りの悩まされているポイントが多く、釣果は、総枚数5枚程度と厳しい釣りが続きます。

ka_20191020_03
釣れたら良型が望めるとあって、一発逆転を狙い最後まで奮闘し午後3時に競技終了となりました。

検寸場に持ち込まれた魚は、運営スタッフも驚いた好釣果、古和浦らしい55upも持ち込まれ、賑わいました。結果は、12名の選手が釣果に恵まれ、総枚数18枚、納竿間際に状況が良くなったとの事でした。

優勝は、40upの良型を2枚揃えトータル83.0cm で岩田一利さん、準優勝は、トータル72.8cmで永田智康さん、3位は、トータル68.9cmで大西正徳さん、大物賞は、55.2cmで村瀬範高さん(現在開催中のBIG1コンテストにもエントリー決定!!)、レディース賞は、良型のマダイを釣り上げた、峰松茂美さんが獲得されました。

■優勝 岩田一利さん
ka_20191020_04
■大物賞 村瀬範高さん
ka_20191020_05
■レディース賞 峰松茂美さん
ka_20191020_06
競技終了後は、恒例のお楽しみ抽選会やジャンケン大会、景品には、渡船屋さんからの伊勢海老を初め、本賞に負けないぐらい豪華とあって、大いに盛り上がりをみせました。

ka_20191020_07
今回の大会では、台風19号などの災害復興支援の義援金を募らせて頂いたところ、参加者の皆さんから多くの善意が集まりました。又、今回は、MFG関西の生駒会長にも1日お付き合い頂きました。次回は、竿も出されるとの事で、次回もよろしくお願いします。ありがとうございました。

大会運営にご協力頂きました会員様と関係各位のご協力により、無事に大会を終えることが出来ました。厚く御礼申し上げます。

★成績は次の通り。

【大会結果】※2尾長寸(敬称略)

 優勝  岩田一利  83.0cm
 準優勝  永田智康  72.8cm
 3位  大西正徳  68.9cm
 4位  宮下 明  67.5cm
 5位  福永 豊  66.3cm
 6位  村瀬範高  55.2cm
 7位  坂 美好  51.7cm
 8位  川辺裕晃  43.8cm
 9位  夛田直樹  40.0cm
 尾数賞  宮下 明  3枚
 大物賞  村瀬範高  55.2cm
 レディース賞  峰松茂美  マダイ

※問い合わせ
誠久丸 TEL 0596-78-0262
鴻照丸 TEL 090-6807-7306

■上位3名(左から 準優勝 永田智康さん、優勝 岩田一利さん、3位 大西正徳さん)
ka_20191020_08

▼報告 MFG関西 筏かかり釣り部 川村 直久

2020年度 MFG関西 京滋北陸支部 懇親チヌ釣り大会

By | 2019年9月27日

ka_20190922_01
大会名:2020年度 MFG関西 京滋北陸支部 懇親チヌ釣り大会
開催日:2019(令和元)年9月22日(日)
開催場所:石川県能登島周辺
参加人数:41名

当日は、台風17号接近の為、開催の可否にやきもきしておりましたが担当MFG役員の現地情報により決行の決定、久しぶりの北陸地域でのキャノンボール形式の開催で、現地会員などの情報によりチヌ25cm以上、3匹の総重量での審査基準で行うこととしました。

MFG会員の皆様とオブザーバー参加の方々で総勢41名での開始となりました。受付時に新たに6名の新規会員が仲間となり安全第一として検量を30分早めることとし、今にも雨が降りそうな中それぞれ思いの場所に出発されていきました。

MFG役員の私も久しぶりの選手として現地会員の案内で風裏になる場所まで案内していただき竿を出すこととしました。

波止場での釣りなので「ナンバー湾チヌⅡ」と「チヌパワームギスペシャル」の配合で開始、2投目くらいに25cmくらいのチヌが釣れてくれそのあともコンスタントに同じようなサイズが釣れてきます。その中でも40cm近いチヌが3匹揃ったので他の会員の皆様の釣果が気になります。検量準備のため、1時間早上がりとして本部に帰り、選手の皆様の帰りを待ちました。

検量には、ほとんどの会員が規定をクリアして持ち込まれ、この地域のチヌの魚影の濃さにはびっくりしました。

ka_20190922_02
ka_20190922_03
ka_20190922_04
ka_20190922_05
ka_20190922_06
ka_20190922_07
ka_20190922_08
ka_20190922_09
風が強くなってくる中での表彰も盛り上がり無事に開催終了でき、来年度から毎年北陸地域での大会開催を発表、これから沢山の会員との交流、懇親を楽しみに終了となりました。

■第1位
ka_20190922_10
ka_20190922_11
■第2位
ka_20190922_12
■第3位
ka_20190922_13
■上位3名
ka_20190922_14

報告者:MFG関西事務局 池上康幸

第6回 MAC懇親へら鮒野釣り大会

By | 2019年9月24日

ka_20190715_01
第6回MAC懇親へら鮒野釣り大会が梅雨明け直前の7月15日(祝 海の日)に兵庫県丹波市にある「大杉ダム」で開催されました。大杉ダムは農業用ダムであるが、上流にはキャンプ場も隣接しておりファミリーにも人気のレジャー&ヘラ鮒釣りスポットである。当然ながらへら鮒の魚影はめっぽう濃く大型狙いだけではなく数が出て管理池顔負けの釣果も出る兵庫県屈指の野釣り場である。

ka_20190715_02
当日の朝、まだ薄暗い時間帯に到着しダムを一周できる道路から釣り場チェックをするとところどころでもじりがあり魚影の濃さを感じさせてくれた。水色も良く釣果に期待を持たせてくれる雰囲気がいっぱいである。

競技は2枚の合計寸法で競われくじ引きで若い番号から入釣できる。今年は少し減水気味でかかり場もそこそこありそうだ。今回の参加者は29名(女性は1名)で競われました。受付終了後、麻野会長の挨拶もそこそこにくじ引きが完了し全員が思いのポイントに釣り座を構えることが出来ました。人気のポイントは堰堤で数メートル間隔で十数名がびっしりと並びました。

あちこちのポイントで直ぐに竿が立ち始め魚影の濃さが証明されました。釣れているのは、両ダンゴもしくはトロ巻きで管理池感覚でドンドン釣果があがり皆さん検寸に忙しく動き回っていました。当日は参加者全員に釣果があり、中には20枚以上の釣果を出した方もいらっしゃいました。午後3時に皆さん和気あいあいのなか、無事に競技が終了となりました。

ka_20190715_03
ka_20190715_04
最後に入賞者表彰とお楽しみの大抽選会でおおいに盛り上がりました。上位入賞者は最近新発売された「GDグルテンダンゴ」の使用者が多く数・型ともに狙えるポテンシャルの高さを証明した大会となりました。

ka_20190715_05
ka_20190715_06
ka_20190715_07
■9位(マルキユー賞)
ka_20190715_08
■上位3名
ka_20190715_09
優勝者 小寺則之さんの仕掛けと餌
竿:尺、道糸:1.2号、ハリス:上0.6号 30cm、下0.6号 40cm、ハリ:上下極ヤラズ5号
餌:「GD」200cc、「パウダーベイトスーパーセット」100cc、水180cc、混ぜてから「バラケマッハ」100cc。

今回もマルキユー株式会社様には大変お世話になりました。また、暑い中、参加頂きました皆様、お手伝い頂いたスタッフの皆様に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

MFG関西本部主催 懇親グレ釣り大会報告

By | 2019年6月24日

ka_20190623_07
令和元年6月23日(日) MFG関西本部懇親グレ釣り大会が福井県若狭大島にて開催され参加してきました。

ka_20190623_01
ka_20190623_02
参加者101名の大規模な懇親大会となり、私はダイコン6番と言う磯での釣りとなりました。

今回使用した撒き餌は、オキアミ6キロに、「グレパワーV9徳用」2袋、「グレパワーVSP」、「グレパワーV11」、「遠投フカセTR」。刺し餌は、「特鮮むきエビ」、「くわせオキアミV9(M)」、「くわせオキアミスペシャル(M)」(ウマミパワーエビをまぶして使用) 6時開始の11時30分納竿。

釣り開始から約2時間フグ以外のあたりもなく諦めモードでしたが、波が少し高くなりはじめた頃から突然スイッチが入ったかのように、グレが釣れはじめました。「くわせオキアミV9」と「くわせオキアミスペシャル」を交互に使用して、約1時間ほどでリミットの9匹を釣り、サイズアップに「特鮮むきエビ」も併用し、納竿までに約20㎝から34㎝を30匹釣りあげることに成功しました。

28㎝から34㎝9匹を選別し、検量へ持ち込み、5150グラムで総合まさかの1位になり、11月23日(土)24日(日)に行われるM-1CUPグレ全国決勝大会(日振島)へのキップを獲得できました。昨年も決勝大会へ参戦し、1回戦敗退でしたので、今年はひとつでも上へ上がれるように精進して頑張りたいと思います。

■M-1CUPグレ釣り選手権決勝大会進出者 西岡良純さん
ka_20190623_05
■サイズ46cm 野尻克幸さん
ka_20190623_06

ka_20190623_03
■上位3組
ka_20190623_04
最後になりますが、この度お世話になりましたMFG役員様、(株)マルキユー社員様、フィッシングセンタービッグワン様、あみや渡船様、大福丸渡船様ありがとうございました。

報告者:西岡良純

第40回 MFG筏かかり釣り部懇親釣り大会

By | 2019年6月18日

ka_20190609_01
令和元年6月9日(日)、和歌山県白浜町堅田(堅田漁協)で「第40回MFG筏かかり釣り部懇親釣り大会」が開催されました。参加者は運営スタッフを含め52名、今回は養殖小割に筏が付けられ良型が狙えるポイントを考慮し、1尾長寸で競いました。ここ最近、良型のグレが良く釣れていて、チヌが釣れなければ、他魚(グレ、マダイ、ヘダイ)も対象魚に設定しました。

午前4時30分、受付開始し西浦副部長の競技説明の後、出船となりました。船を3艘準備して頂き、乗船もスムーズに参加の皆さんは各筏へ渡り、競技開始です。

ka_20190609_02
当日は、風も無く晴天、釣り日和となりました。午前中の見回りの時には、早くも良型が釣れているようで運営側も一安心。午後の見回りでは、複数の釣果があり、選手の皆さんは、良型を期待し競技終了まで頑張りました。

ka_20190609_03
午後3時競技終了、検寸場へ次々に良型のチヌが持ち込まれました。予想以上の釣果に検寸も大忙し、良型が持ち込まれると歓声が沸きあがり賑やかでした。

ka_20190609_04
優勝は、見事な年無し51cmを釣り上げた西尾和也さん、餌取りが厳しく「ニュー活さなぎミンチ激荒」をサシエにし釣られたそうです。他魚の部では、マダイ61cmを釣られた中野秀晃さんが獲得されました。全体で13名の選手に釣果があり総枚数15枚、年無しを含む40UPが7枚と良型揃いでした。

■優勝 西尾和也さん
ka_20190609_05
■準優勝 溝渕政行さん
ka_20190609_06
■3位 松崎太治さん
ka_20190609_07
■他魚賞 中野秀晃さん
ka_20190609_08
競技終了後のお楽しみ抽選会やジャンケン大会では、マルキユー新製品「MPロッドケースMQ-01」「MPトートバッグMQ-01」の他、「濁りオカラ(5袋)」や協賛頂いたものもたくさんあり、大いに盛り上がりをみせました。

ka_20190609_09
ka_20190609_10
ka_20190609_11
大会運営にご協力頂きました会員様と関係各位のご協力により、無事に大会を終えることが出来ました。厚く御礼申し上げます。

★成績は次の通り。(1尾長寸)

【大会結果】(※敬称略)

 優勝  西尾和也  51.0cm
 準優勝  溝渕政行  49.0cm
 3位  松崎太治  48.5cm
 4位  奥本圭治  47.5cm
 5位  細川光幸  47.0cm
 6位  森高章  40.5cm
 7位  山下路弘  40.0cm
 8位  多気真司  38.5cm
 9位  宮下明  37.2cm
 尾数賞  細川光幸  2枚
 他魚賞  中野秀晃  マダイ61cm

※問い合わせ
堅田漁業協同組合 TEL 0739-42-3351

■上位3名(左から 準優勝 溝渕政行さん、優勝 西尾和也さん、3位 松崎太治さん)
ka_20190609_12

▼報告 MFG関西 筏かかり釣り部 川村 直久

1 / 7123...最後 »