Monthly Archives: 8月 2018

第38回 MFG筏かかり釣り部懇親釣り大会

By | 2018年8月24日

ka_20180715_01
7月15日(日)、三重県鳥羽市本浦(海香渡船、やま栄渡船)で「第38回MFG筏かかり釣り部懇親釣り大会」が開催されました。参加者は69名、2尾長寸で競いました。

朝から強い日差しがあり、参加者の皆さんは、パラソルの準備から始められていました。午後の見回りで状況を確認すると、どのポイントも小サバが多く厳しい状況で釣果も無く運営スタッフもひやひやしました。

渡船店のご厚意により参加者全員にアイスが配られ、クールダウン、納竿まで頑張りました。

ka_20180715_02
活性が低い中、最終的には3名の選手に釣果があり総枚数は4枚、中には、良型のヒラメを釣り上げた選手もみえ検寸場は賑わいを見せました。

優勝は、近森学さん2枚を揃へ尾数賞も獲得、今回の優勝で通算5回目だそうです。準優勝は、41.2cmの良型を釣り上げた前田剛さん、3位は、河野洋範さんと続きました。

■優勝 近森 学さん
ka_20180715_03
■準優勝 前田 剛さん
ka_20180715_04
■3位 河野 洋範さん
ka_20180715_05
今回、入賞の賞品を9位まで準備していたので、その賞品も全てお楽しみ抽選会まわし、渡船店からは、伊勢海老とサザエを頂き、大会終了後の抽選会やジャンケン大会は大いに盛り上がりをみせました。

ka_20180715_06
今回の大会では、西日本豪雨の復興義援金を募らせて頂いたところ、参加者、渡船店から多くの善意が集まりました。

ka_20180715_07
大会運営にご協力頂きました会員様と関係各位のご協力により、無事に大会を終えることが出来ました。厚く御礼申し上げます。

成績は次の通り。(2尾長寸)

【大会結果】(※敬称略)

 優勝  近森 学  56.5cm
 準優勝  前田 剛  41.2cm
 3位  河野 洋範  36.4cm
 尾数賞  近森 学  2枚

※問い合わせ
海香渡船  TEL 0599-32-5045
やま栄渡船 TEL 0599-32-6009 

■上位3名(左から 準優勝 前田 剛さん、優勝 近森 学さん、3位 河野 洋範さん)
ka_20180715_08

▼報告 MFG関西 筏かかり釣り部 川村 直久

第5回 MAC懇親へら鮒野釣り大会

By | 2018年8月9日

ka_20180716_01
まず最初に大阪北部地震、西日本豪雨、記録的猛暑、イレギュラー台風12号、被災されました皆さま心よりお見舞い申し上げます。そんな中で7月16日(祝)第5回MAC懇親へら鮒野釣り大会が兵庫県丹波市に位置する「大杉ダム」で開催されました。

素朴な農業用ダム湖だが言わずと知れた魚影の濃い釣り場として有名、管理池感覚で楽しめるので人気度も高く、上流には設備も充実したキャンプ場もありファミリーで訪れる風景も見られました。

当日の朝、準備の為にちょっと早目に到着。辺りが薄明るくなって湖面に目を配ると何と水の色が濁ってまっ茶色でした。豪雨による爪痕がきっちりと残っている。こんな状態で釣れるんやろか?とも思われました。

ka_20180716_02
競技規定は2枚の合計寸法で、今回の参加人数は33名内女性が2名で競われました。今回は超満水なので掛かり場も限られており、入釣ポイントが心配されましたが全員滞りなく釣り座を構えることが出来ました。

ka_20180716_03
ka_20180716_04
ka_20180716_05
ka_20180716_06
中でも人気ポイントとなる堰堤には十数名がずら~と並び、長い竿を振る人から短い竿を振る人、みんなそれぞれの釣り方で競技に突入した。

ka_20180716_07
ka_20180716_08
ka_20180716_09
ka_20180716_10
普段なら数分で竿立ちが見られるのですがアタリもないまま刻々と時間だけが過ぎ去っていく。やっぱり水質が悪いのか相当な喰い渋りが見られ、小一時間ほど経ってようやく堰堤中程での竿立ちが見られました。しかし、その後が続かず皆さん四苦八苦されていました。タナを変更したり、釣り方を変更したり、試行錯誤しながらも餌打ちに専念されていました。

上流や中流域と言うよりもダム湖全域が同じような感じで超喰い渋り状態である。毎年この時期では一日で三桁釣りも記録されているだけに信じられない状況でした。当然この日も猛暑日、色とりどりのパラソルの花が咲く、水分補給をしっかり取りながらも競技に専念されており、時折冗談やボヤキが飛び交いながらも皆さん和気藹藹と楽しく過ごしておられました。

状況が良ければ床釣りに大型が出やすいのですが今回は左岸の中流域で浅いタナで良型が見られたようでした。とにかく超喰い渋り状態、管理池の名手も沢山参加されましたが二桁をクリアーされたのは数名でボウズも出た最悪な結果となりました。

午後3時、全員が無事に終了となりました。

【大会結果(へらぶな2枚長寸)(敬称略)】

 優勝  本多 元治  80.0cm
 2位  井岡 孝久  75.1cm
 3位  戸田 希一  73.7cm
 4位  松下 寛  73.3cm
 5位  麻野 昌佳  73.1cm
 6位  畑野 勝  73.0cm
 7位  平田 錦也  72.5cm
 8位  富田  72.3cm
 9位  加治屋  72.2cm
 10位  小野 晋  72.0cm

ka_20180716_11
ka_20180716_12
ka_20180716_13
ka_20180716_14
ka_20180716_15
ka_20180716_16
優勝者 本多元治さんの仕掛け
竿 17尺、道糸 1.2号、ハリス 上下0.8号、タナ一本半、餌バラケと段差の一発。

今回はマルキユー株式会社、大杉ダム管理人の松本さん、お世話になりありがとうございました。そして、スタッフのみなさん猛暑の中お疲れ様でした。「おおきに!」