Monthly Archives: 12月 2018

第6回 MAC懇親へら鮒釣り大会結果

By | 2018年12月21日

ka_20181123_01
平成30年11月23日(勤労感謝の日)滋賀県甲賀市甲南町に位置する「甲南へらの池」でMFG関西へらぶな釣り部門第6回MAC懇親へら鮒釣り大会が行われました。

今回の参加者は48名、昨年同様に重量部門と長寸部門を設け事務所向きに一枚の長寸で競う長寸の部、その反対側に重量部門(一フラシ10㎏カット)と分かれての入釣となる。競技の途中での部門変更や釣り座の変更は出来ない。競技規定として竿は7尺から15尺までとし釣り方は自由で池の規定に準ずる。

受付終了後、抽選に依って釣り座が決まり各自桟橋に記された番号通りに入釣して準備に掛かる。朝の冷え込みが厳しく超喰い渋りが予想され出足が悪いようにも思われたが、時間が経つにつれて竿立ちが多く見られ活性の良さを感じた「甲南へらの池」。

ka_20181123_02
ka_20181123_03
ka_20181123_04
ka_20181123_05
ka_20181123_06
バラケ餌と食わせ餌のセット釣りで超浅いタナやちょっと深い目、チョーチン釣り(竿いっぱいのタナ)又は食わせとなる下バリだけを床に着ける段差の床釣り、そして両バリ共床に着けるバランスの床釣り、規定いっぱいの長竿となる15尺で両グルテンの宙釣り等、中でも最年少者となる瀬戸君は自分が得意とするカッツケ(超浅いタナ)で好調な滑り出しを見せた。一方、後ろ向きの長寸部門では沖目狙いの15尺や水深と同じような竿の長さで床を攻めたり、浅いタナを攻めたり、それぞれの釣り方で競技に挑んでおられポツリポツリながらも良型が出だし検寸されていた。何回でも検寸が出来るので釣れる度に検寸され少しずつサイズアップを期待するかのようだった。

ka_20181123_07
午後からは風も強くそんなに気温も上がらず辛い状況となり、午前中に比べると状況は悪くなったものの重量部門の方ではそこそこの釣果が見られるが「甲南へらの池」自慢とする超大型が見られていない。重量部門では上位の三名がデッドヒート状況で一枚でも多く釣ろうと必死のパッチである。桟橋上で背中合わせの選手たち部門は違っても会話が弾む光景も素晴らしい!そうこうしていると午後3時、納竿となった。重量部門の瀬戸君が後半にスピードダウンしながらも、僅か100gの差で優勝を勝ち取った。長寸部門では40㌢クラスは出なかったが一番端っこに入られていた乾さんが39㌢ジャストで最長寸となった。各入賞者の賞品授与の後、くじ引きによってもれなく全員に当たる協賛メーカーの賞品を手にみなさん大喜びされていました。

ka_20181123_08
ka_20181123_09
【大会成績】(敬称略)

重量部門 (正味重量)

 優勝  瀬戸 晴晶  23.9kg
 2位  岩本 龍貴  23.8kg
 3位  山本 敏之  23.5kg
 4位  岩本 俊秀  22.0kg
 5位  葛西 涼  20.2kg

長寸部門

 優勝  乾 裕弘  39.0cm
 2位  小川 裕嗣  38.7cm
 3位  辻 ひろし  38.2cm
 4位  加治屋 浩  37.1cm
 5位  岸田 貴史  36.9cm

ka_20181123_10
ka_20181123_11
【重量部門優勝者 瀬戸晴晶さんの仕掛けと使用エサ】
(仕掛け)
竿:9尺、道糸:0.6号、ハリス:上0.5号 / 下0.4号、上バリ:6号 8cm、下バリ:2号 10cm、午後から16cm
(使用エサ)
「パウダーベイトスーパーセット」300cc、「バラケマッハ」100cc、水100cc
タナは超カッツケの浅いタナ。

■重量部門 上位3名
ka_20181123_12
■長寸部門 上位3名
ka_20181123_13
今回もマルキュー株式会社、松岡釣り具株式会社、甲南へらの池のみなさんありがとうございました。そして、スタッフのみなさんお疲れ様でした。「おおきに!」

第39回 MFG筏かかり釣り部懇親釣り大会

By | 2018年12月6日

ka_20181021_01
10月21日(日)、三重県的矢湾(安乗釣りセンター、第二龍丸)で「第39回MFG筏かかり釣り部懇親釣り大会」が開催されました。度重なる台風の影響で各地の筏も被害が出ており、大会場所の選定も迷いましたが、的矢湾の2件の渡船店合同で無事開催することとなりました。参加者は72名、2尾長寸で競いました。

開会式が終わり、参加の皆さんは、晴天の中、期待を胸に出船していきました。午前中の見回りで海へ出てみると予想以上に風が強く釣り難い状況で、海の中も低活性で厳しい釣りとなっていました。そんな中、数枚のクロダイが釣れているようで、大会運営側も一安心、皆さん納竿まで頑張りました。

ka_20181021_02
最終的には、15名に釣果があり総枚数24枚、40アップの良型も見られ、中には良型のヒラメを2枚釣られた方も見え検寸場は、賑わいを見せました。

ka_20181021_03
優勝は、40アップの良型を含む2枚を揃えトータル70.7cm宮下 明さん、今年6月和歌山の大会に続き今季2勝目お見事でした。準優勝は、トータル70.4cmで小﨑 健太郎さん。3位は、トータル63.9cmで臼井 光晴さんと続きました。

■優勝 宮下 明さん
ka_20181021_04
■準優勝 小﨑 健太郎さん
ka_20181021_05
■3位 臼井 光晴さん
ka_20181021_06
競技終了後は、お楽しみ抽選会やジャンケン大会があり、大いに盛り上がりをみせました。

ka_20181021_07
大会運営にご協力頂きました会員様と関係各位のご協力により、無事に大会を終えることが出来ました。厚く御礼申し上げます。

★成績は次の通り。(2尾長寸)

【大会結果】(※敬称略)

 優勝  宮下 明  70.7cm
 準優勝  小﨑 健太郎  70.4cm
 3位  臼井 光晴  63.9cm
 4位  福永 豊  55.9cm
 5位  岩田 一利  44.6cm
 6位  日比野 貴優  42.3cm
 7位  中西 巧  37.5cm
 8位  川辺 裕晃  36.0cm
 9位  伊藤 義高  35.9cm
 尾数賞  臼井 光晴  4枚

※問い合わせ
安乗釣りセンター TEL 090-7038-8090
第二龍丸     TEL 0599-33-6583 

■上位3名(左から 準優勝 小﨑 健太郎さん、優勝 宮下 明さん、3位 臼井 光晴さん)
ka_20181021_08

▼報告 MFG関西 筏かかり釣り部 川村 直久