Monthly Archives: 11月 2016

第6回 九州MAC杯 熊本地震復興応援大会結果

By | 2016年11月29日

20161016_kansaihera01
2016年10月16日(日)に熊本県宇土市にある立岡自然公園の池で第6回 九州MAC杯 熊本地震復興応援大会が開催されました。
2016年4月に発生した震災後初めての開催となります。

自分自身は震災後初めて熊本に入ったのですが、6ヶ月たった今でも、高速道路の車線規制や道路が寸断されている箇所があり地震の激しさと同時に、復興にはまだ時間が掛かると感じました。
復興が続くなか、MAC杯の開催を自粛するべきか考えましたが、少しでも熊本を元気にする事ができるならと考え開催する事としました。

立岡自然公園はキャンプ場やテニスコート等の設備も有り、県内有数の桜の名所として有名で地元の方々の憩いの場となっている公園です。
池の規模は広大で小規模なダム程度の大きさがあり、へら鮒釣りの他にブラックバス釣りに人気のあるフィールドとなります。

20161016_kansaihera02
釣り場風景

今回のMAC杯参加者は48名、福岡、佐賀、熊本と九州の各地より参加して頂きました。
被災された方もおられるなか参加できるのか心配でしたが、顔馴染みのメンバーとの再会に受付会場は賑やかな雰囲気となりました。

朝6時の受付後、麻野インストラクターの競技説明があり、参加者の皆さんはそれぞれ各釣り座に移動されていきました。
大会前日の晩より雨混じりとなり天候の心配もありましたが、大会当日は大した雨も降らずに風も穏やかで絶好の釣り日和となりました。
池の状況は水位はほぼ満水となっており、前日試釣された方の話では、まずまずとの情報でしたが
立岡の池に48名の釣人が並ぶという今までにない光景となり人的プレッシャーもかなりのものとなりました。
大会が始まり、なかなか竿の立たない時間が続き、誰かがあわせるとどよめきがおきるという過酷な状況のなか
ポツリポツリと竿が立つようになりました。

大会終了後、アタリをもらうのもままならないという状況となりましたが、半数近くの19名の方が釣果をだされていました。
優勝は、地元熊本の北橋さんでほとんどの方が1枚~2枚という状況のなか5枚という釣果をだされていました。

20161016_kansaihera03
北橋さん釣果

表彰式も無事に終わり、今回の目玉賞品、折りたたみ自転車(マルキューカスタム麻野仕様)争奪ジャンケン大会が開催され大いに盛り上がることができました。

20161016_kansaihera04

麻野インストラクターをはじめ、参加者の皆さんの協力があり第6回九州MAC杯を無事に終える事ができました。
今回のMAC杯開催が、少しでも熊本の復興に貢献できたのであれば幸いです。

第4回МAC杯へら鮒釣り大会結果

By | 2016年11月22日

kansai2017_11mac01
平成28年10月30日(日)滋賀県甲賀市に位置する「甲南へらの池」でМFG関西へら鮒釣り部門第4回МAC杯へら鮒釣り大会が行われました。参加者44名、内レディス2名含む。

絶好の釣りシーズン「秋」とは言っても最近の天候は温かったり寒かったり、そして雨が降ったり何となく不安定な日々が続いてます。このままではあっという間に秋も過ぎ去り、寒~い冬の到来となるのでは?

当日の朝も冷え込み厳しく相当な喰い渋りが見られるのでは、と思われた。使用する桟橋は2号桟橋裏表、競技規定は総重量でもちろんスレ取りは禁止となっており釣り座の移動はなしとする。竿は7尺から15尺まで、タナは自由で生餌のみ禁止となっている。受付と同時にくじ引きによって釣り座が決まり、各自桟橋に打たれた番号に基づいて入釣、時間とともに競技開始となった。

kansai2017_11mac02

各自が自信のある釣り方で競技に挑戦されている。短竿での浅いタナで両ダンゴ、又はセット釣り、規定いっぱいの15尺で1㍍程の宙釣り、又は床釣り、短竿でのチョーチン釣りで両ダンゴ、又はセット釣り、そしてセット釣りでの喰わせ餌に感嘆やわらびウドン、又はトロロ昆布と言った様々な餌や釣り方が見受けられた。
 朝の冷え込みが厳しかったものの早くから竿立ちが見られ次々と玉網に滑り込まれて行く、この調子で行けば優勝ラインは40kg前後の釣果が見られるのでは?と思うぐらいの雰囲気だった。

日が昇ると同時に活性も高まり早くも計量者が続出、1フラシ10kgカットとなっているので約20枚前後での計量となる。「何で今のんが乗れへんねん」とボヤキながらも隣同士で慰めあいながらも一生懸命、自分の釣りに専念されている。そんな中、最年少者となる高校生の瀬戸君が短竿の両ダンゴ、カッツケで好調そのもの、このまま行けば上位入賞は間違いないだろうと思われた。

午前中は寒かったが日中は暖かいと言うよりも暑いぐらいでライトダウンなどを脱ぎ薄着となる。中には半袖も見られた。気温の上昇とともに計量者が続出しながらも午後3時終了となった。

さて、瀬戸君の成績は?惜しくも2位と同重量で受付順位の早い方が優先となっているので3位となった。彼は私が所属するクラブの月例会にもゲスト参加することが多く、会友達のアドバイスを素直に聞き入れ上達されている。今後のへらぶな釣りを期待される好青年でした。 

【大会結果(総重量)(敬称略)】
優勝=鈴木 千秋 38・2kg
2位=山本 敏之 34・4kg
3位=瀬戸 晴晶 34・4kg
4位=坂井  博 34・2kg
5位=上村 恭生 32・4kg
6位=松本 博明 31・9kg
7位=麻野 晶佳 29・8kg
8位=小寺 則之 28・9kg
9位=坂井 利文 26・8kg (マルキュー賞)
10位=岡本 光司 26・7kg

【レディース賞】
優勝=小川 寿子 14・8kg
2位=岡本ひでみ 8・2kg

kansai2017_11mac04

kansai2017_11mac03

優勝者 鈴木千秋さんの仕掛け
竿 7尺、道糸 1・0号、ハリス 上0・8号、8㌢ 下0・6号、38㌢ 上バリ8号、下バリ2号 ウキ ドラゴン極細トップ、ボディー4㌢、餌 粒戦100、粒戦細粒100、とろスイミー50、水200、セット専用バラケ100、プログラム100、軽麩150、単位はC、C 食わせ餌にわらびウドン「彩」ポンプ出し。
タナはチョーチン、セット釣り。

最後に今回はマルキュー株式会社、甲南へらの池の皆さんご協力ありがとうございました。
そして、大会運営のスタッフの皆さんお疲れ様でした。

報告者 引口 晋

第35回MFG筏かかり釣り部懇親釣り大会 結果報告

By | 2016年11月18日

16_35_01
「第35回MFG筏かかり釣り部懇親釣り大会」(MFG関西創立20周年記念)が、10月16日、三重県鳥羽市相差・畔蛸(相差海釣りセンター、第二龍丸)で開催されました。
参加者84名と、たくさん参加して頂き、2尾長寸で競われました。
大会当日は、絶好の釣り日和となりました。大会前日の釣果は、厳しかったようですが、良型の実績のある釣り場であり、期待を胸に各筏へ出船しました。
昼の見回りでは、ポツポツと釣果があり、良型も出ているみたいで、まずは、一安心
昼過ぎから、少しうねりと風がでてきましたが、皆さん納竿までかんばりました。

16_35_02

結果は、全体で19名に釣果があり、総枚数31尾、40UPも6尾仕留められ、優勝は、40UPを2尾揃え、トータル85.0㎝で徳田 博幸さん、準優勝は、トータル81.5㎝で丹生田 繁さん、3位は、トータル71.4㎝で日比野 貴優さんと続きました。

16_35_03_tokuda
※優勝 徳田 博幸さん

16_35_04
※準優勝 丹生田 繁さん

16_35_05
※3位 日比野 貴優さん

尾数賞は、4尾が2名で1尾の最長寸で丹生田 繁さんが輝きました。

表彰式終了後、マルキユーの山口さんより新商品【オールウェザースーツMQ-01】の紹介がありました。
私も試着させて頂きましたが、見た目は少し硬そうでしたが、体に合わせて立体構造になっていて、着心地も良く、雨や波しぶきをしっかり飛ばせる興味深いものでした。

16_35_06

大会終了後、恒例のお楽しみ抽選会やジャンケン大会で盛り上がりをみせました。
16_35_07

大会運営にご協力頂きました会員様と関係者各位のご協力により無事大会を終えることが出来ました。
厚く御礼申し上げます。

※MFGでは、随時メンバーを募集しています。
詳細は、マルキユーホームページ(http://www.marukyu.com/)の「釣り団体のご案内」
MFG(マルキユーファングループ)に掲載。

【大会結果】 ※2尾長寸
 優勝  徳田 博幸さん  85.0cm (43.0 + 42.0)
 準優勝 丹生田 繁さん  81.5cm (42.2 + 39.3)
 3位  日比野 貴優さん 71.4cm (43.4 + 28.0)

 4位  大西 正徳さん  70.3cm (35.7 + 34.6)
 5位  小崎 健太郎さん 65.4cm (33.3 + 32.1)
 6位  福永 豊さん   55.8cm (31.8 + 24.0)
 7位  井上 隆弘さん  44.0cm
 8位  山下 路弘さん  42.0cm
 9位  近森 学さん   39.6cm

 尾数賞    丹生田 繁さん 4枚
 レディース賞 鶴園 貴子さん

16_35_08
※写真は左から 
準優勝 丹生田 繁さん
優勝  徳田 博幸さん
3位  日比野 貴優さん

【協賛】 順不同
 第二龍丸 様
 相差海釣りセンター 様
 エサ市場・えさきち 様
 TSUKASAちぬHOUSE 様
 マルキユー(株) 様

※問い合わせ
相差海釣りセンター TEL0599-33-6789
第二龍丸      TEL0599-33-6583

▼報告
 MFG 筏かかり釣り部編集局  川村直久