Author Archives: MFG中国

1 / 212

MFG中国 懇親波止チヌ釣り大会in広島湾一文字 大会報告

By | 2020年2月14日

ch_20200119_01
去る1月19日(日)広島湾一文字にて親睦波止チヌ釣り大会が開催され、中国各地から寒さに負けぬ熱気ムンムンの方々が72名もご参加下さいました。

選手の方はクジを引き、草津一文字、宇品白灯台一文字、似島一文字、廿日市一文字の計4箇所の波止に分かれて6時間チヌ釣りを楽しまれました。

審査方法は規定サイズなしチヌ5匹までの重量で各波止の横取り方式で各波止3位までを表彰。また各波止1位の4名の方には10月に行われます湾チヌカップin広島決勝大会の切符付きとあって更に盛り上がりました。

寒チヌとあって厳しい状況下で大会スタ-ト!各波止まずは1匹と狙いますがなかなか手強くやっと釣れた~の声も上がってきたサイズは小さく、この時期にこのサイズ・・と数が揃わない方が多いので勝負の行方が分かりません。

40cmオ-バ-釣れても後が続きません。本当に勝負が分からないのがまた楽しく、釣れない時は他の選手に刺し餌何で釣れた?など聞きに歩いたり、なかなか釣れないね~と話したり和気あいあいの雰囲気でした。

そんな厳しい中、優勝されました下河内淳一さんは良型をきっちり5匹揃われており優勝商品の真っ赤なマルキユーフロ-ティングベストに自分の還暦祝いだと大変喜ばれる姿が印象的でした。そのベストを着用して決勝大会も頑張って頂きたいです。

大会結果は次の通り(敬称略)。

 優勝  下河内淳一  5匹  4,390g
 2位  檀上通暢  4匹  3,715g
 3位  高橋武  5匹  3,610g
 4位  三宅英二  5匹  3,430g
 5位  沖永吉広  4匹  3,695g
 6位  波多瑞紀  4匹  3,375g
 7位  森脇祐紀  3匹  2,335g
 8位  加藤和義  3匹  1.700g
 9位  松岡直  4匹  1.815g
 10位  田中伸治  2匹  1.605g
 レディース賞  村上千春  松島エリカ  池田あやこ

■上位3名(左から高橋さん、下河内さん、檀上さん)
ch_20200119_02
■マルキユー賞 松岡さん
ch_20200119_03
最後になりましたが大会にご参加頂きました選手の皆様、役員の皆様大変お疲れ様でした。

報告者:MFG中国役員 村上千春

MFG中国 懇親チヌ釣り大会(境水道) 大会報告

By | 2019年12月13日

ch_20191117_01
11月17日(日)、島根県、鳥取県を流れる境水道一帯でMFG中国懇親チヌ釣り大会が秋晴れの中開催されました。

中国地区からたくさんの参加者、遠くは関西からもご参加頂き女性会員、オブザーバー参加を含む93名で盛大に行われました。本大会はキャノンボ-ル方式、クジで引いた番号順に好きな釣り場へと行く大会です。

小野会長の開会挨拶に始まり、鳥取県事業部の植田様より近況報告もあり、参加者の皆さんは熱心に耳を傾けておられました。

競技時間は出発して午後15時半までに本部に戻り検量、5匹までの重量で審査です。今回は全国M-1カップチヌ(MFG枠1名)の出場権がかかっており、会員の皆さんは本気モ-ド!

当日は中潮10時半頃が干潮、境水道は言わずと知れた大チヌの潜む夢のある釣り場、皆さん思い思いのポイントへ大チヌを求め、いざ出発!

場所に寄ってはエサ取り、小チヌの猛攻、全くエサを取られない所も・・・そんな状況でも会員の皆様は検量へ持ち込まれておられました。

ch_20191117_02
ch_20191117_03
ch_20191117_04
ch_20191117_05
ch_20191117_06
その中でも一際目を引いたのは岡山県からご参加の兼松朋弘様が5匹重量でなんと10,8㎏!!ブッチギリ優勝でM-1カップチヌ本戦の出場権を獲得されました、おめでとうございます。

総評では島根県事業部、小島様よりお話し頂きまして終了となりました。

最後にご協賛頂きましたマルキユー(株)様をはじめ選手、役員スタッフの皆様、事故、ケガなく無事に終了出来ました事にお礼申し上げます。お疲れ様でした。

報告者:MFG中国役員 森脇祐紀

第4回 MFG中国定期総会

By | 2019年9月11日

ch_20190804_01
8月4日(日)広島県廿日市市にある宮浜グランドホテルにて第4回MFG中国定期総会が開催されました。

当日は猛暑の中、地元広島県をはじめ岡山、島根、鳥取、山口と、たくさんのMFG会員様にご参集いただきました。

MFG中国、小野会長の挨拶にて開幕し、マルキユー(株)岡田社長(全国MFG名誉会長)様からの有意義なお話しをして頂き、続いて会計報告、新役員の紹介、来年度の行事計画の発表がされました。

ch_20190804_02
ch_20190804_03
ch_20190804_12
続く懇親会では新入会員様のご紹介、ビックワンコンテストの表彰、新製品の紹介、最後は当日一番の盛り上がりの大抽選会で閉会となりました。

ch_20190804_04
ch_20190804_05
ch_20190804_06
ch_20190804_07
ch_20190804_08
ch_20190804_09
ch_20190804_10
ch_20190804_11
本年度も事故なく無事に終了出来ました、これもMFG活動にご理解ご協力をして頂きました会員様

最大限のバックアップをして頂きましたマルキユー(株)様に役員一同お礼申し上げます。ありがとう御座いました。

報告者:MFG中国 石田啓二

MFG中国 懇親グレ釣り大会in隠岐の島 大会レポート

By | 2019年7月2日

ch_20190609_01
令和元年6月9日(日)島根県隠岐の島を舞台に、遠方は関西、和歌山県よりご参集頂き、総勢38名の参加者によりMFG中国グレ釣り大会を開催しました。

当日は、北東風が強く吹く予報であったため、南~西エリアを使用しての大会開催としました。

ch_20190609_02
松尾丸(西ノ島)20名、福友渡船(知夫里島)18名と抽選で別れてam4時出船~pm15時納竿まで2人一組での対決で30cm以上のグレ5匹の重量で順位決めを行うこととしました。(横取り方式)

船長による、隠岐の島の近況説明では、40cmオーバーのグレも数が出始めているとのことで選手の皆様も気合いが入っていました。

私の隠岐の島での梅雨グレの釣り方は、手前に餌取り(木っ端グレ等)を集めて遠投深棚で大型を狙うと経験上、よい釣果に恵まれます。

大会当日も場所ムラはあった様ですが、マルキユー製品の最高のマキエと腕前で沢山のグレを釣られ楽しんでいただけたと思います。

隠岐の島のグレ釣りシーズンはこれからが本番となります。プライベートでも是非釣行していただきたいと思います。

大会の結果ですが、優勝の猿屋さんは5匹で4㎏越え(西ノ島エリア)。しかも50cm近いグレも釣られておりぶっちぎりでした。

■優勝の猿屋茂雄さんと良型グレ
ch_20190609_03
大会結果は次の通り(敬称略)。

 優勝  猿屋 茂雄  5匹  4,720g  M-1全国グレ釣り選手権大会MFG枠獲得
 2位  岩田 則之  5匹  2,730g  
 3位  藤井 孝男  5匹  3,645g  
 4位  森 伸吾  4匹  2,330g  
 5位  林 能伸  5匹  3,465g  
 レディース賞  池田 文子      

■優勝者 猿屋茂雄さん
ch_20190609_04
■2位 岩田則之さん
ch_20190609_05
■3位 藤井孝男さん
ch_20190609_06
■レディース賞 池田文子さん
ch_20190609_07
■順位表
ch_20190609_08
■総評を述べられる小島さん
ch_20190609_09
最後になりますが、今大会を開催するにあたり、マルキユー様より沢山の協賛品を頂きありがとうございました。また、参加者の皆様、役員の皆様お疲れ様でした。

松尾丸、福友渡船の船長様にもたいへんお世話になりました。事故、怪我などなく無事に大会が開催でき良かったです。また隠岐の島での開催を楽しみにしています。

報告者:MFG中国役員 塚澤 明

MFG中国 懇親チヌ釣り大会in光 大会レポート

By | 2019年4月23日

ch_20190414_01
瀬戸内海では乗っ込みチヌの走りとなる4/14(日)MFG中国懇親チヌ釣り大会が開催されました。

雨のち風の天気予報でしたが、実釣中は無風で全く雨も降らず、快適に釣りを楽しめました。釣果の方は走りのシーズンということでムラはありましたが、全体的には好釣果でした。

私が上がったのは光沖の尾島の5番という磯です。ポーターをしてくれた岩田スタッフ曰く、尾島の中では比較的良いポイントのようです。

朝一番は浅瀬の続く4番側に潮が流れるせいか、エサ取りのメバルやベラの活性が高く、エサが全く残りません。試行錯誤しているうちに潮止まりの時間になってきました。

潮が変わり始めるタイミングでエサが残りはじめ、釣れそうな雰囲気になってきます。予想通り、竿をひったくっていったのは45センチオーバーお腹がパンパンののっこみチヌです。

その後もすぐに当たりがありますが藻に入られてラインブレイク、納竿間際に40センチクラスを1匹追加しましたが5匹のリミットメイクにはなりませんでした。港に帰ると好調が予測された笠戸島が今一つの釣果で、まだ早いのではと思われた、一番沖にある島の祝島が好釣果でした。

優勝したのは祝島の松島のハナレに上がった地元会員の天羽生さん。練り餌の「高集魚レッド」をベースに「食い渋りイエロー」、新製品の「荒食いブラウン」を駆使して良型に的をしぼった釣果だったようです。

ch_20190414_02
ch_20190414_03
大会結果は次の通り(敬称略)。

 優勝  天羽生 満  5匹  6,380g  釣好丸
 2位  中西 毅  5匹  6,040g  栄勇丸
 3位  藤井 孝生  5匹  5,440g  釣巡丸
 4位  川西 健治  5匹  4,920g  武蔵
 5位  柳生 和夫  5匹  5,640g  栄勇丸
 6位  立石 進  5匹  5,160g  釣好丸
 7位  小林 新  5匹  4,200g  武蔵
 8位  末廣 和正  4匹  4.180g  釣巡丸
 9位  外輪 勝也  5匹  5.520g  栄勇丸

■1位 天羽生 満さん
ch_20190414_05
■2位 中西 毅さん
ch_20190414_04
■レディース賞
ch_20190414_06
来場頂いたマルキユー山口課長、役員の皆さま、選手の皆さま大変お疲れさまでした。

≪報告者:MFG中国役員 竹中 満和≫

MFG中国地区主催懇親波止チヌ釣り大会in松永一文字 開催報告

By | 2019年2月14日

ch_20190113_01
去る、1月13日(日)MFG中国地区主催懇親波止チヌ釣り大会を広島県福山市松永沖にあります一文字の波止にて総勢52名で開催いたしました。この一文字は全長100mを越え、チヌが越冬する為に集結すると言われている波止です。

今大会、上位3名の方には広島湾で行われる2019湾チヌカップ広島チャンピオン決定戦の出場権付きのサプライズもあり、真冬の快晴の中、MFG大会の最大の目的でもあります「釣果より親睦、会員同士の交流」と言う事で皆さん親睦大会らしく会員同士ワイワイと釣られていました。

参加者の感想と聞いてみましたら「インストラクターの方に釣り方や仕掛けを教えてもらえた!」とか「普段会えない名人の方達と一緒に釣りが出来て嬉しかった!」とか「初対面の会員の方に声を掛けてもらって嬉しかった」と、毎回、とても有意義な大会になっていると思います。

今大会の釣果は、寒チヌシーズンでもある為、厳しい予想の中、全体的に釣り開始からあちらこちらで終始ポツリポツリと釣れており竿が曲る度に歓声があがっていました。

そんな中、今大会の優勝は釣り開始早々、朝マズメの時合を逃さず良型を見事連発させる事に成功したマルキユーインストラクターの中西毅さんでした。おめでとうございます。

■優勝者 中西毅さん
ch_20190113_02
■2位 丸田伸二さん
ch_20190113_03
■順位表
ch_20190113_04
■上位3名
ch_20190113_05
大会結果は次の通り(敬称略)

 優勝  中西 毅  3,045g  
 2位  丸田 伸二  2,875g  
 3位  田中 謙太郎  2,775g  
 4位  石村 仁  2,690g  
 5位  和田 勝  2,555g  
 6位  野田 和裕  2,550g  
 7位  吉岡 伸  2,440g  
 8位  島田 拓也  2,395g  
 9位  猿屋 茂雄  2,300g  
 1匹最長寸賞  江村 洋  42.5cm  
 レディース賞  池田 文子    
 2019湾チヌカップ広島チャンピオン決定戦出場権獲得者
 グループ 1  丸田 伸二    
 グループ 2  和田 勝    
 グループ 3  中西 毅    

■2019湾チヌカップ広島チャンピオン決定戦出場者3名
ch_20190113_06
今大会、ご参加いただいた会員の皆様のご理解ご協力により無事に大会を終える事が出来ました。今後もMFG各大会への沢山のご参加をお待ちしております。

最後になりましたが今大会役員の皆様、早朝より大変お疲れ様でした。

報告者 MFG中国役員 沖永 吉広

MFG中国 懇親チヌ釣り大会IN下津井 大会レポート

By | 2018年12月21日

ch_20181216_01
12月16日(日)に岡山県下津井沖にて「MFG中国懇親チヌ釣り大会」を開催しました。県内外から多くの方が参加され総勢78名での開催となりました。

大会は、抽選で1便2船、2便2船の4船に分かれ、それぞれの磯や波止に向けて午前7時に出船しました。競技時間は、6時間で釣り上げたチヌ5匹までの総重量で競いました。

当日は、朝は天気が良かったのですが、午後から雨という予報で雨が降らなければいいなと心配しながらの釣りになりました。

また、最近はチヌの喰いが渋いという情報もあり釣果も気になるところでした。それでも、検量になるとさすが凄腕チヌ釣り師たちが揃うMFG中国の会員の皆様、喰い渋るチヌを釣られていました。

今大会は、各船上位の横取り方式で順位を決定、検量の結果見事優勝されたのは、良型を5匹揃え5380gを釣り上げられました。沖永吉広さまでした。おめでとうございます。

■優勝者 沖永吉広さん
ch_20181216_02
■2位 國富隆文さん
ch_20181216_03
■3位 湯浅真治さん
ch_20181216_04
大会結果は次の通り(敬称略)※船内横取方式で順位決定

 優勝  沖永 吉広  5匹  5,380g
 2位  國富 隆文  5匹  4,520g
 3位  湯浅 真治  5匹  3,700g
 4位  山縣 誠一郎  4匹  2,620g
 5位  美山 隆司  3匹  3,740g
 6位  川田 康徳  5匹  3,440g
 7位  坂本 和昭  2匹  2,100g
 8位  鳳 利博  2匹  2.000g
 9位  小野 一之  4匹  3.280g
 10位  坂本 貴樹  3匹  1.960g
 大物賞  道綱 幸夫  マダイ  53.9cm
 レディース賞  池田 文子    

■上位3名
ch_20181216_05
最後に、この度はとても寒く厳しい状況にもかかわらず70名以上のたくさんの方にご参加頂きましたこと役員一同感謝申し上げます。

また、今大会にたくさんの賞品の協賛を頂きましたマルキユー様、そして磯渡しでは色々とご配慮頂きました「きりしま渡船様」「矢吹渡船様」大変お世話になりました。ありがとうございました。

(報告者:MFG中国役員 冨増 雅浩)

MFG中国 懇親グレ釣り大会IN光 大会レポート

By | 2018年6月18日

ch_20180610_01
梅雨入り真っ只中の6/10(日)に、MFG中国懇親グレ釣り大会が開催されました。

天気予報が数日前から2転3転し開催も危ぶまれましたが、12時納竿の時間短縮の加え、光の沖磯を港から5分の水無瀬島に変更して開催したところ、やや風はあったものの、実釣中は雨もほとんど降らず、快適に釣りを楽しめました。

釣果の方は例年、この時期は好釣果に恵まれるのですが、前々日の大雨の影響か前日のシマノジャパンカップはかなりの貧果だったようです。船長が場所ムラのあるなりに釣果の上がったポイントを厳選して渡礁してくれました。

私が上がったのは笠戸島でも比較的沖側にあるキュウタという磯です。好調な時は良く釣れるポイントなのですが・・・チヌパラダイスです!50オーバーも含め良型が竿をひったくってくれます。結局スズメダイの中から木端グレを拾うので精一杯でした。

優勝したのは山田直選手で前日も唯一釣れていた鎌ヶ崎周辺での釣果です。状況はあまり好くなかったようですが、低活性の中まき餌を切らさず、グレをスズメダイごと沖に出すイメージで、浅棚を攻略して30センチ前後を揃えていました。

普段、大会で使わない分、光沖水無瀬島の釣果が気になりましたが、半数以上の方が釣果を出されており、全体2位の内山選手はあわや優勝という好釣果でした。

■参加者の皆様
ch_20180610_02
■優勝者 山田直さん
ch_20180610_03
■2位 内山敏行さん
ch_20180610_04
■3位 渡邉雄一郎さん
ch_20180610_05

大会結果は次の通り(敬称略)。

 優勝  山田 直  5匹  2,240g  栄勇丸
 2位  内山 敏行  5匹  2,180g  勇貴2
 3位  渡邉 雄一郎  5匹  2,040g  釣好丸
 4位  大町 秀行  5匹  2,080g  勇貴2
 5位  浦田 昌幸  5匹  1,920g  釣好丸
 6位  内海 通人  5匹  1,660g  栄勇丸
 7位  外輪 勝也  5匹  2,040g  勇貴2
 8位  星 裕二  5匹  1.860g  釣好丸
 9位  柏木 健太郎  5匹  1.260g  栄勇丸

■上位3名
ch_20180610_06
■レディース賞 松島エリカさん
ch_20180610_07

天候や釣況に悩まされた大会でしたが、釣果もそこそこあり、事故もなく無事に終了致しました。参加頂いたマルキュー山野課長様、役員の皆様、選手の皆様大変お疲れ様でした。

≪報告者:MFG中国役員 岩田 則之≫

1 / 212